体がしびれて動けない位の早起き(日本時間で七時半)をして、これからおととい着いたばかりの空港に向かいます。そう、また飛行機に乗るのです。朝のバンコクは初めてです。托鉢している裸足の坊さんが
大挙をなしてペタペタ街を歩き回ってます。
写真はでかいお寺の駐車場でお金持ちっぽい人が
坊さんを詣でてるところです。
タイはお寺でなく坊さんを拝みにいくんですね。
で、お寺です。ここはそうでもないですが
クリスマスツリーのようなチープな電飾で
荘厳さを台無しにしてる寺とかを散見。
今回何度ものったメータータクシー。
まさかトゥクトゥクとほぼ同じ値段で乗れるとはね。

朝も昼も関係ない
バンコクの狂った渋滞ともひと時の別れ

高速で空港まで一息です。
絶望的な状況を乗り越えて
今ジェット機が目の前にあります!
何があったかはタカシーノの超絶日記をご覧下さい。

ただ、僕は無実です。

ダレモ、ダレモワルクナイ
タラップから飛行機に乗るのは初めてです。
興奮します。

この日バンコクは晴れ。
にもかかわらず空気が汚くて曇り空みたいですね。

こんなんで生活してて杉並病すら発症しないバンコク人。
気味が悪いです。
1時間、ブルジョアばかりが乗る国内線。
機内はタカシーノとテケレツの
下品な笑いで充満しっぱなしでした。

下ネタ連発ですが、結構日本人も乗ってました。
旅の恥を掻き捨て過ぎてます。
兎に角だ、着きましたクラビ空港!
暑くて眩しい!空気が、空気がうまい!
ここは南国中の南国。日本で言うと宮崎県あたりでしょうか。
そこからタクシーに乗って20分程。
クラビタウンに着きました。
ここは日本人が拠点とする「さくら」。
良心的でアットホームです。
美味しんぼとゴルゴが充実してます。
去年は大分お世話になりました。
今年は時間がないのに無理して漫画をむさぼる
タカシーノや朽犬。そんな行為にまで思い出追っかけてんのか。
クラビタウンの宿
Aマンションからの風景です。
最高に好きです。
これがゲストハウスなのかと目を疑う程の清潔感。
一泊650円という安さが
そんじょそこらのホリデイインよりも寛がせてくれます。
Aマンションからの景色。
狂い撮りしてるところです。
これでも県庁所在地です。
大宮の1万分の1以下の規模しか感じられません。
まず警察がほとんどいません。象がいます。
何枚でも撮らせてください。
いろいろ大変なんです。
タイで飲める良質なウィスキー、SPEY ROYAL。
ソーダでいただきます。パーティーオンです。
居住まいが熱海の温泉宿のタグッツォ。
3日目にして既にグロッキー。
Aマンション反対側の景色。
どうでもいいですが、多分ここが一番栄えてるところだと思います。
パスカルの謂う「本性」丸出しのヤクモ。
南国まできてWWFのサインです。
この安定したスペックが難民のステージを支えています。