永訣の朝。
いつもより涼しく感じます。
毎度、また来たいが
二度とこないだろうと感じてしまう場所

だって2日かかるので
"ニューバンガローへようこそ。
ジャム島でハッピーにすごしてくださいますよう"

とてもハッピーに過ごしてしまいました。
申し訳ない。
いつものテーブル。
庭守のしなびたおじいちゃん・・
あんたがオーナーというのは本当なのか?
最後のカオパ。
島一番の若娘・サァもなぜか小奇麗にしています
バンガローのスタッフ
皮肉も浮かばないくらいいい人たち
「クラビ!クラビ!クラビ!」
舟渡し流の威勢のいい呼び声が聞こえます。
声の主は上の写真の真ん中のムサ男
キアムです。
沖にはすでにクルーザーが停泊しています。
のんびりしてたら乗り遅れそうになりました。
さよならニューバンガロー
さよならコ・ジャム
テケレツはあらぬ方向を見ています。
見上げるばかりの巨木が小さくなってきました
森の中のバンガローは
すでに位置が分からなくなってます
ビッグホープ岬。
キアムにサヨナラを告げて
クルーザーに乗り込みました
人の匂いがします
思い思いにふける難民。




ヤクモの様子が妙です。
さっきまでワイルドにイカ釣ってたのに

早くもゲームボーイアドバンスにいそしんでます

理不尽な強さのマージャンでしょうか
サヨナラ組みのロングテイルボートがまた一艘
こっちからもまた一艘。
こいつはどっからきたんだろうか。
1時間のクルージングの後
クラビタウンに到着。

逆にここまでくるとほぼ何も感じません。
シャワーが暑い!雨水じゃない!
クーラー最高!テレビ!

ビールがギチギチに冷えてます。
文明礼賛の瞬間です。
去年のAマンションのホール係だったバン。
Bangて書きます。
気さくで元気な姐さんです。
いなくなったと思ったら
近所のゲストハウスで働いてました。
去年はタカシーノ持参のギターをあげてました
かわりにバレンタインのバラの花をいただきました
去年の仲間で、と閉鎖的な行動に走ってみたり
インターネットカフェ
こんなところからブログ更新とかメールとかしてました
去年は何をとちくるったか
「友達がタイ人と生でやっちまったって!
コエー!」というメールを
アドレス帳に入ってた人間全員に送ってしまい
血の気がうせました。
リストに親父や姉ちゃんやスタ管が入ってんだもん
「さくら」オーナーのユカコさんの次女。
こんなところで生まれて育てば
さぞいい子に育つだろうに。うらやましい。
さて昼ごはんです。