おはようございます。
また新たなる朝の始まりです。
朝起きると
まずみんなの起床具合を確かめるところから始まります。
タグッツォ家とテケレツ家の間に
ハンモックがぶら下がってます。
住むところは違えども、絆を切ることはありません。
我が家とヤクモ家の上にそびえる巨木
風が吹くとザラザラ音をたてます。
夜中は月影もあいまって不気味です。
名前は敢えて伏せますが
第二次世界大戦で実際に投下され
米国が国際的非難を浴びた爆弾と
同一のものを食らったような姿のヤクモ
足は水中にあるので上下のコントラストが顕著です
そんな痛ましい姿でも、慈しみの心を忘れません
この一枚でピュリツァー賞も射程に入りました
何かスタッフが叫んでいます。
訛りがきついので必死に聞き取る二人
アホヅラです。
「サルがいる!」と叫んでいたようです。
カングリの強い朽犬が素早く撮影に成功。
動物もんは奴に限ります。
ちなみに僕撮影の1枚。
ウォーリーをさがせ!の最終ページの
裏キャラ探しより難しいです
ご飯→お散歩→ご飯→お散歩→天国→ご飯→お散歩→天国→睡眠の毎日。

何か見つけました。
握りこぶし大のでけえカニ発見。
カニパンの3分の2程度の大きさです。
以前これくらいのをつかまえて
強烈にはさまれたので、今回は諦めます
巨大な魚をのがした。
ヘミングウェイ張りにほとんど語らず
新たに仕掛けを作り直すヤクモ
ダンディズムかくありき
傍ら、島に飽きるタカシーノと
カユい以外の言葉を忘れたタグッツォ
何か物足りなさを醸してます
そこへ島唯一の若娘が!
なんとタカシーノに驚きをプレゼントだ
コーラ、スプライト、ファンタと銘された
生まれたての子猫さんたちです。
一気に上がります。
よく見るとカウンターの影で母猫がこっち見てます。
これを撮れ!マヌケ!
と罵られながら必死に撮影。
ご満足いただけましたでしょうか
ほんとに生まれたてらしく
愛くるしいです。こっちは自主的に撮りました。
小動物をはじめて抱えるタカシーノ
初孫を抱く爺さんみたいに
ぎこちない喜びが口角に表れています
タグッツォ自慢のハンモック。
最高の寝心地です。
ただ直射日光のことは忘れていた模様。
もっぱら朝と夕方用です
涅槃(ナーヴァーナ)のテケ。
Tシャツが似合いまくってます。
着古したら難民の旗になる予定の一着です。
「ロマンチック、ロマンチック、へへ」
ぶっ飛びながら撮った一枚。
どんな蔑称にも甘んじましょう。